子どもの将来を考えるならボーディングスクールへ

いわゆるアメリカのエリート層を見てみると、ある共通点が浮かび上がります。

それはボーディングスクールで教育を受けてきたことです。優れた教育環境と、優秀な講師陣に囲まれて育った若者の多くは、大成への道を歩みます。

経済界の大物や大統領に至るまで、ボーディングスクールの卒業社はまさしく綺羅星のごとくです。このため、日本においても我が子にこうした教育を受けさせたいという保護者が増えています。

ボーディングスクールは、単なる進学校ではありません。まず、生徒は通学ではなく、在学中は寮生活を送ることになります。ここで親元を離れ集団生活を体験することにより、健全な独立心を養うことも、今後の人生において有益です。

クラスは普通の学校と比べて少人数での授業となり、それだけ密度の濃い学習が受けられます。気兼ねなく質問できる雰囲気というものは、既存の教育機関にはない風土です。設備も目をみはるほど充実しています。

視聴覚室は映画館並みの設備を誇り、テニス場などもスポーツクラブ顔負けです。美術館が併設されていることもおおく、座学だけでなく、芸術への造詣も深まります。

とくに海外のビジネスシーンにおいては教養が重要です。

日本の学校では決して教えてくれない感性も、ボーディングスクールならば伸ばすことができます。我が子を国際的に活躍させたいのであれば、狭い環境で育てるべきではありません。

ボーディングスクールに入学させて、将来を明るいものにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です