小学生留学のメリットとポイント

留学というと高校生や大学生が行うことが多いですが、小学生留学も徐々に浸透しつつあります。
留学の主要な目的の1つは言語習得である以上、早めの留学にメリットがあることは明白です。
小学生といえば日本語がある程度習得できている時期なので、外国語を身につけるにはうってつけのタイミングです。
また、親元を離れることでグッと成長する機会にもなります。

小学生留学はどんな時期でも行えるというわけではありません。
小学校は義務教育なので数ヶ月に渡って欠席するには相応の手続きが必要となります。
小学校で学ぶ算数や国語は中学校に入ってから取り戻すことが難しいこともあるので、その点でも日本の小学校を長期的に休むのはデメリットがあるといえます。

そこでお勧めなのが夏休みや冬休みを利用した小学生留学です。
海外ではサマースクールなどで外国の小学生を受け入れる体制が整えられています。
やや短くはなりますが、故に小学生でも安心して利用できるといえます。

子供だけでの留学が心配という方は保護者同伴の親子留学もあるので、そちらもお勧めです。
その際には保護者ビザを用意しているオーストラリアやニュージーランドを留学先として選ぶ方が多くなっています。
小学生の留学先として人気なのがカナダです。
カナダは学力水準が高く、公立校でも留学を受け入れている学校が多くなっています。
他にもイギリスやスイスにある全寮制の学校(ボーディングスクール)も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です