小学生留学という選択肢

留学というと大学生や社会人が語学や勉学の習得のために行くものというイメージを持つ方は多いと思います。
しかしながら、まだ幼い小学生のうちから海外に一定期間行く小学生留学というのも魅力がたくさんあります。
小学生留学をすることの魅力の大きなひとつとして、大人になるとどうしても持ってしまう外国語に対する恐怖感がまだ大きくないため、周りの目を気にせずに外国語の発音にチャレンジできるということがあります。
発音が悪くて聞き取れないというプレッシャーから言葉少なになりがちな日本人留学生ですが、小学生ならではの好奇心により、たくさん話して帰ってこれるというアドバンテージは大きいです。

小学生留学の魅力の二つ目は、留学先で無条件にかわいがってもらえるということです。
親元を離れて幼いながらに勉強にくる子どもを、情深いホームステイ先でかわいがられないはずがないのです。
送り出す親は心配でたまらないと思いますが、ホームステイ先で注がれる愛情を、子どもはきちんと受け取ることができますので、臆せずに楽しんで生活をしてくることができるのです。
相手への信頼関係からより密なコミュニケーションをとってこれますし、また海外に行きたい、もっと話せるようになりたいという、次への意欲が沸くのです。

小学生留学の魅力の3つ目は、子どもの自信がつくということです。
まだまだ親元を離れるには早い段階で勇気を出して留学にチャレンジしたという経験は、今後の子どもの成長の大きな自信になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です